マーケティング関連の記事を書いていますが、基本思いつきのメモです。なので、記事を信じないでください(笑)

大企業とベンチャー企業のマーケティングの違い

マーケティングにおいて、市場を俯瞰してセグメント→ターゲティングという順序で戦略を考えていくのが普通のやり方です。ほとんどのマーケティングの教科書や記事でも基本として書かれているものですね。

しかし、これらの手法が役に立たないことももちろんあります。それはどんな時なのか?というと、新しい市場を作り出す場合です。上記に記載した手法はつまり、既に市場が形成されている場合に活用出来る手法です。既に市場があるのでどのように区分するのが最も効果的なのか?を考えることが重要になるわけです。

しかし、市場がない場合はそのようなことはできません。つまり、これまでにない全く新しい製品を出す場合などです。このような場合は、市場を創造するのであるため、そもそもセグメントすることが不可能です。最近は、まったく新しいサービスをベンチャー企業が作り上げたりしていますが、そのような企業が良く直面する問題ですね。

市場を創造するベンチャー企業などは、セグメントなどせず、中核になりそうな人たちを満足させることを徹底します。彼らの声に徹底的に耳を傾け彼らのために開発するのです。そして、その周辺にいる人たちに伝わって拡大し、市場が形成されていくのです。

マーケティングの教科書では、このような手法を説明することは殆どありません。そのため、マーケティングを学んだ人間が全く新しい市場を創り出すときにはマーケティングは全く役に立ちません。一般的なマーケティングは、大企業が参入しているような大きな市場で通用するものです。

よくマーケティングを勉強して企業したいとかいう人がいますが、そう簡単にはいかないだろうなと思う次第です。

マーケティングの最近記事

  1. 時代の変化を見極めることを意識しよう

  2. 戦略は「やり切るチカラ」に大きく影響される

  3. いきなりステーキが復活するには何が必要なのか?

  4. ネットフリックスがさらに会員数を増加させるために

  5. 日本企業は論理的思考に浸食され過ぎている

関連記事

2020年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP