起業かサラリーマンか

考え方

Pocket

今、とあるマーケティング企画に取り組んでいるが、やはりマーケティングは面白いと感じる。誰に何をどのように伝えるのか、そしてその成果はどうかという事を考えるのは自分にとってとても重要な行動のような気がする。友人がその可能性を信じて一人でビジネスをしているが、やはりそれである程度の売り上げはあるようだ。休日の仕事も全く苦にならないという。

自分はどうだろうと思い起こしてみる。前に起業した会社は、勤めていた会社の事業を引き継いだもの。私が立ち上げた事業ではあったが、思い入れがあったかと言われれば、ないと言わざるを得ない。だから失敗したのだろうか。目に見える原因はあるものの本当にそれが原因なのかどうかは分からない。なぜなら、私がそこで諦めたからだ。そこで諦めない人もきっと沢山いる。だから、もう少しその事業に思い入れがあったのならば続けていただろうし、もう少し継続していれば解決策を見つけていたかもしれない。

よく「諦めなければ、成功する」なんてことを言う人がいるが、少しは理解できる。ま、どちらにしろ何をしようと未来のことは分からないことは同じ。今、自分が生きていて楽しいと感じるものをやるべきだとは頭では分かっている。でも、怖いよね。前の事業を起こすときにあまり怖くなかったのはお客さんが既にいたからだし、ある程度の売上も見込めたから。でも、私がマーケティング企画の会社をやるのであればかなりの恐怖を感じる。やはり自分の能力に疑いを持っているのかもしれない。だとすれば、疑いようのない能力を身に付けること以外に道はないのかもしれない。

その道を進まなければ、仕事に対する楽しさを求めて会社を辞めての繰り返しが待っているに違いない。

頭では分かっているのだが。