マーケティング関連の記事を書いていますが、基本思いつきのメモです。なので、記事を信じないでください(笑)

クライアントの言われるがままで、マーケティング業務に集中できない。

マーケティング会社を名乗っていても実は制作会社だったということは良くある話です。結構大きな会社で有名な会社であってもそのようなことがあります。このような会社で何が起こっているのか?というと、クライアントの思い付きに振り回される毎日です。クライアントが「あ、そういえばこういうのやりたいんだよね」と言われ、それを実現するためにあれやこれ考えを巡らすのです。

実際このような仕事は、制作会社と同じでありとてもマーケティング会社とは呼べません。どのような顧客に何をしてどんな結果を得たいのか?の議論もせずに、言われるがまま制作物のスケジュールを懸命に引こうとするのはまさに制作会社です。マーケティング会社であれば、本来どのように顧客を区分すべきで、何を重要視しすべきなのか、何を大切にして、どの顧客とコミュニケーションを取ることが最も目的に合致しているのかをクライアントと議論すべきです。その結果、どのような制作物が必要なのか、どのようなシステムが必要なのかが見えてくるのです。

マーケティングをしたくて入社したのに、いつになってもマーケティングらしい仕事が社内に見当たらなくて段々嫌になってくる人もいるでしょう。

もちろん、経営者の観点からすれば制作物を制作することで得られる金額はそれなりのボリュームになるため、そう簡単にマーケティングの仕事に集中することは出来ないかもしれません。しかし、社員はどちらかと言えば、制作ディレクションではなく、マーケティングディレクションをしたいわけですから改善しなければなりません。このままでは、クライアントからは制作会社だと思われてしまうし、いつになっても成果が出ないのであれば簡単に切られてしまうでしょう。制作会社であれば変わりは多く存在します。

このような時、どうすべきか?個人的には、言われ仕事を継続しながらもマーケティング視点での提案も進めていくしかないと思います。現在の仕事は出来る限り効率化しつつ、マーケティング視点の大切さをクライアントに理解してもらう努力を少しずつしていくしかありません。

生意気かもしれませんが、クライアントの教育は必要なシーンは必ずあります。もちろん、上から目線で実施するわけではありませんが、現在のトレンドやどのような考え方によって成長している企業があるのかなどの目的意識を持った情報提供はクライアントの考え方を変えていく意味において非常に大切です。

仕事に忙殺されてそれどころではないと言われるかもしれませんが、その忙殺から抜け出すには、業務の効率化だけでは達成することは難しいことは、現場の人間が一番よく分かっているはずです。また、効率化によって楽になったところで、自分自身の仕事の価値の低さに気づいてしまう原因になることも考えられます。忙殺されているからこそ、自分自身の仕事について客観的に見れなかったものが、余裕が出ることでそれが明らかになってしまうということは良くあることです。

そのような事態にならないためにも、正しいやり方を実践していくことは会社の責務と言えるでしょう。いかにして、クライアント企業の売上・利益のためになる機会を作れるかを会社は真剣に考えるべきでしょう。通常人間は無意識に楽な方に動いてしまうものです。あれこれ言われてやっていることは、嫌だ嫌だと言いながらも自ら考え行動するよりも楽なことです。会社として、自分たちがどのような存在でいるべきかを指南し続けるべきであり、社員も自ら考え行動していくべきです。

マーケティングの最近記事

  1. 質の高いデータが簡単に手に入るようになる未来に必要となるマーケティング担当者の知見とは何か…

  2. 「後払い決済」の恩恵を受けるのはどんな企業なのか?【マーケティング】

  3. なぜパーソナライズしても効果が出ないのか?【マーケティング】

  4. デザインが良ければ売上は上がるのか?デザイン変更に潜む買う理由の提供【マーケティング】

  5. 営業担当者に最適化したBtoBマーケティングをしよう。

関連記事

2019年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP