マーケティング関連の記事を書いていますが、基本思いつきのメモです。なので、記事を信じないでください(笑)

MailChimpで開封者・未開封者ごとにメールを出し分ける方法【考え方編】

メールの一斉配信は、多くの企業で行われていることですが、しかし配信先によってコンテンツを変えているというところは実際にはそれほど多くありません。特に中小企業や零細企業にとっては遠い世界の話です。コンテンツを配信先に応じて出し分けている中小企業・零細企業はほとんどないでしょう。しかし、今ではそんな中小企業や零細企業でさえ配信先ごとにコンテンツを変えて配信することは非常に簡単に出来る時代です。しかも、難しい知識も必要なく時間もかからないのです。今回紹介するMailChimpというシステムを利用することでそれを実現することが可能です。今回は記事を数回に分けて説明していきたいと思います。この記事では、出し分け方の考え方を説明し、次回以降の記事で具体的な手順をご説明していきます。

メールを開封している人と未開封の人に出し分ける

今回はまず基本として、メールを開封している人、開封していない人の2パターンに分けてそれぞれにどのようなメールを配信すべきか考え方を書いていきます。このような使い方を応用していけば、受注確度の高い人と低い人に区別してそれぞれのステージに合わせてメールを配信して受注数を高めていくことが可能になります。

まず、メールを開封している人と未開封の人の違いは何でしょうか?開封している人は少なくともそのタイトルに少なからず興味を持ってくれてその先のコンテンツを見ようと思った人たちです。しかし、未開封の人は、そのタイトルを読んでその先の本文を読もうとはしなかった人です。この差は大きいですよね?特に未開封の人が多いと精神的につらくなるものです。しかし、実際の業務をしていると多くの企業では、未開封が非常に多いのが現状です。だから、気にする必要はありません。ここからどうやって改善していくのかが大切なのです。

 

未開封の人にタイトルを変えて再度送信する

開封してくれた人と未開封の人。どのように出しわけるべきでしょうか?開封してくれた人たちに関して言えば、少なくともタイトルは間違ってはいないと言えます。しかし、未開封の人は開封していないわけですから、メール本文は読んでいないわけです。だから、メール本文が悪かったわけではありません。ここで問題になるのがタイトルなのです。つまり、未開封の人たちに再度タイトルを変えたメールを送信するのがまずやるべきことだと私は思います。

しかし、ここでさらに問題が出てきます。「どんなタイトルにすべきか?」ということです。ここでの一つ目のポイントは、「最初に送ったメールのタイトルがどんな人にどのような印象を与えたので開封に至ったのか?」を明確にすることです。まずそれを明らかにしなければ、どの方向性のタイトルにすべきかが見えてきません。つまりは、未開封の人がどんな人なのかが見えてこないのです。例えば、最初のメールで「徹底比較●●と▲▲。選び方のポイント」というタイトルにしていたとします。このタイトルの場合、●●と▲▲を比較した場合どうなるのかを知らず、かつ選び方も明確でない人が反応したはずです。ですので、反応しなかった人は、すでに十分に●●と▲▲を知っていて今更選び方を知る必要もない。もしくは、すでに導入していて興味がない人だと考えることができます。また、●●と▲▲に全く興味のない人も反応しなかったと考えることも出来るでしょう。しかし、●●と▲▲に全く興味のない人があなたの会社の商品サービスを買ってもらう可能性があるでしょうか?きっとないでしょう。だから、ここで考えるべき2回目に送信するタイトルは、「本当に理解していますか?●●と▲▲。」などのように再度復習すべきですよというメッセージに変えることで開封率を高くすることが出来ると考えることができます。

 

理想はどのような反応をするか、あらかじめ想定しておくこと

このように考えていくことで開封率を高めることが出来るでしょう。しかし、本来はここまでを最初のメール送信前にしておくべきです。「最初のメールに反応する人はこんな人であろう?」「このメールに反応しない人はこんな人であろう?」とあらかじめ想定しておくのです。そうすることで2回目のメール送信のスピードが早くなるだけでなく、この2回のメール送信でどのような人がどれくらいいるのか、そしてそれが分かることで、今後どのようにメール配信を考えていけばいいのかがわかってくるのです。そこまで想定しておくことで自社にとって無駄なメールがなくなり、ほとんどのメールが自社にとって意味のある有益なメール配信になるのです。

では、次回記事でMailChimpを使った具体的な手順についてご説明いたします。

マーケティングの最近記事

  1. 質の高いデータが簡単に手に入るようになる未来に必要となるマーケティング担当者の知見とは何か…

  2. 「後払い決済」の恩恵を受けるのはどんな企業なのか?【マーケティング】

  3. なぜパーソナライズしても効果が出ないのか?【マーケティング】

  4. デザインが良ければ売上は上がるのか?デザイン変更に潜む買う理由の提供【マーケティング】

  5. 営業担当者に最適化したBtoBマーケティングをしよう。

関連記事

2019年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP