マーケティング関連の記事を書いていますが、基本思いつきのメモです。なので、記事を信じないでください(笑)

MailChimpで開封者・未開封者ごとにメールを出し分ける方法【メール送信編】

今回の記事では、前回前々回の続きであるMailChimpを使って未開封者にメールのタイトルを変えて配信する方法です。
まずは画面上部の「Campaigns」をクリックして今まで送信したメールキャンペーンの一覧を表示させます。基本的に一番上に表示されるメールキャンペーンが最新のものです。まずは、そのメールキャンペーンをコピーしてメールのタイトルを変更する方法を説明します。メールキャンペーンのコピーはキャンペーン名の右側の▼ボタンをクリックして「Replicate」をクリックします。
図1
次の画面でメールキャンペーンとどのリストを結びつけるのか?を聞いてきますので、(2回目)と記載のあるリストを選択します。4つラジオボタンがありますが一番上を選択します。その他は、該当するリストからさらに絞り込む場合などに選択しますので、今回は一番上のなんの絞り込みをしていないものを選択しておいてください。そして、画面右下の「Next」をクリックします。
図2
次の画面では、キャンペーンの名前(勝手にCopy3などと記載されます)やメールタイトルが表示されます。この画面でタイトルを変更します。その他の項目は基本的に変更する必要はありません。そして「Next」をクリックします。
図3
次の画面は、メールコンテンツの内容が出てきます。今回のテーマはタイトルの変更なので何も変更しません。そして画面右下の「Next」をクリックします。
図4
次の画面で「You’re all set to send」が表示されますのでこれで配信準備は完了です。あとは、右下の「Send」か「Schedule」どちらかを選んで送信します。「Send」はすぐに送信で、「Shcedule」は日時と時間を指定して送信します。これで完了です。

図5

図6

いかがでしたでしょうか?MailChimpは英語ですが慣れてしまえば非常に簡単にかつ高度なメール配信が可能になります。今までためたメールアドレスに一斉に配信するだけではあまりにも芸がありません。今の時代、簡単に効果的なメール配信が誰でも可能なわけですから、やるかやらないかで大きな差がついてしまうということでもあります。これらツールを使いこなして売上増大や目的の達成に貢献できれば幸いです。今後も、MailChimpの使い方については継続して投稿していきたいと思っています。

マーケティングの最近記事

  1. 質の高いデータが簡単に手に入るようになる未来に必要となるマーケティング担当者の知見とは何か…

  2. 「後払い決済」の恩恵を受けるのはどんな企業なのか?【マーケティング】

  3. なぜパーソナライズしても効果が出ないのか?【マーケティング】

  4. デザインが良ければ売上は上がるのか?デザイン変更に潜む買う理由の提供【マーケティング】

  5. 営業担当者に最適化したBtoBマーケティングをしよう。

関連記事

2019年9月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
PAGE TOP