ミラン移籍にみる本田のマーケティング能力

マーケティング

Pocket

本田がスゴイのは誰もが言いたいことを言ってくれるところにあると思う。

もちろん、実力もあることがそうであるが、香川とは違う。香川と違うのは本田が自信たっぷりで強いモノに対して挑む姿勢にある。いわば、リアル半沢直樹といったところである。半沢直樹も上司に楯突く姿勢が受けた。本田はそれを地で行っているのだと思う。だから、実力では香川と同じでも人気は本田の方がある。ある意味本田はマーケティングがとても上手い。ミランはマーケティングが上手いとは言うが本当に上手いのは本田だろう。本田がそのような姿勢を示すことで日本での人気が出る。その結果、ミランというビッククラブがマーケティング的要素も含めた全体的評価が高まるという結果になった。

きっと本田くらいの実力の選手はいくらでもいる。それでもミランが本田が欲しいのはやはりマーケティング要素を考えての事だ。だからこそ、本田は本田よりも能力の高い選手を押しのけてミランに入ることが出来たのである。まさに個人ブランドの成功例である。